スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2011/01/31/Mon 23:47:42
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:何となく

建築感

無断流用なので削除されるかもしれないが...

「先日もあるところで設計と施工の分離の重要性を謳い、建築士は施工から独立した立場であるべきだという話を聞いた。これは我々建築士の世界では常識であるし、正義?のように思われている。しかし、僕はもう何年も前から自ら設計したものは自ら施工している。それはクライアントの全幅の信頼と大きな期待に応えるためだ。全ての責任を負っている重さは、施工分離を謳う建築士には想像できないと思う。施工によって不正な利益を得るなんて考えるのは論外だ。自腹をきってでも自らの建築に投資するのが建築士だ。ましてや施工と独立した立場なんて考えられない。自ら設計した建築は我が子も同然だ。施工してくれる職人は自分の手だ。建築は商売のネタじゃない。責任を負うということをもっと大切に考えてほしい。気を抜けば全て自分に降り掛かって来る。そのために知識、技術、ノウハウ、経験を総動員して設計し、現場に立つ。関る全ての人と信頼を築かなければ不可能だ。性悪説に立った施工分離なんて論外だ。恥ずかしい話だ。
 私の建築に興味を持ってくれる建築士の卵は多くいる。彼らに言いたい。私のようにしろとは言わないが、せめて全責任を自分が負うんだという気概で設計してほしい。そうすると設計が変わる。現場も変わる。そこには全く別の深くて広い建築の世界が広がっている。外から建築を見ているだけでは、それは分からない。」


とある人のコラム。私がエラそうにこのコラムに意見出来る立場では無いが...
私が今思っている事がそのまま文章として書いたあった。
「建築感」は人それぞれで正解と言う物は私は無いと思っている。
私は簡単に言葉にできる「責任」と言う物を自分で取って来た。この先の10年も、その先の10年も「責任」と言う物を取り続けて行くと思う。
デザインやファッションだけでは「建築」は出来ないし出来ては行けない。
私がそうであれば「我楽」がそうであり関係している人達がそうで有って欲しい。
おくがましいが今の気持ちと、これからの決意表明!
この文章に会えた事にも感謝。すこし救われた気がする。明日から2月ですね。
スポンサーサイト
プロフィール

garaku

Author:garaku
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。